トップページ > 管理画面のメニューから探す > 配信管理 > サーバー障害などにより、不在、エラーになってしまった登録者を一括配信再開する

サーバー障害などにより、不在、エラーになってしまった登録者を一括配信再開する

本来届くはずのメールが、サーバー障害や一時的な受信ブロックなどにより不在、エラーになってしまった場合の対処方法となります。

!再開の前に必ずご確認ください!
不在アドレスへの配信を繰り返すと、ブラックリストに登録されたり、
弊社システム全体が受信ブロックを受ける原因となります。
不在となるのは、メールアドレスが存在しないか、再送の対象とならない
恒久的なエラーによりメールが送れない場合です。 
不在者への再開を行う前には、必ず、ご登録者が受信できる環境を整えてから
処理を行なってください。
登録メールアドレスを存在するアドレスに変更してもらう、
docomo,au.softbankアドレスの場合は「端末側での受信設定」をしてもらう等、
エラーの原因を必ず取り除いてください。
手順1

『リスト一覧』メニューから配信再開を行います。
「検索条件」をクリックします。

手順2

「リストの検索条件」が表示されるので、条件を入力していきます。

状態欄の「不在」または「Error」を選択すると、「不在になった日」または「Errorになった日」が表示されるので
現在の日付から60日以内を選択し「リストを表示する」をクリックします。

手順3

再開させる登録者にチェックを入れ、「配信再開へ」をクリックします。

手順4

「状態」「配信再開日時」を指定して、「配信を再開する」をクリックします。